注目を集める社労士!気になる仕事内容とは?


社労士は労働や社会保険を専門に取り扱う!

国家資格である社労士は、労働や社会保険を専門に取り扱う仕事です。就業規則や社会保険の手続き等の書類の作成・提出は社労士しか行う事が出来ません。

社労士事務所・法人に雇われる社労士の仕事とは?

社労士として活躍している人の多くは、社労士事務所や法人に雇われています。新入社員の社会保険加入の手続きや退職する人の離職票の発行等、契約先の企業の社会保険の手続きが主な仕事となります。1人で複数の企業を任される事も珍しくありません。さらに、慣れるまでは社会保険の手続きがメインとなりますが、経験や実務を積んで顧客から信頼を得ていくと労務相談をされる事も増えます。さらに、社労士としての経験を5年以上積むと簡単な業務以外を任される機会も多くなります。経験やスキルがない新人の社労士には難しい解雇や労組対応といったベテラン向きの業務を担当します。

開業している社労士の仕事とは?

社労士の資格を取得して自分で開業している社労士も数多く存在します。開業したばかりの規模の小さな社労士事務所では、社労士としての業務以外の営業や経理等も自分で行っています。事務所が徐々に大きくなり、自分以外の社労士を雇うようになると部下のマネジメントも業務に含まれてきます。雇用する人数が多くなると社労士として社会保険の手続き等の初歩的な業務は部下に任せて、顧客からの相談対応や社長としての仕事がメインとなっていきます。社長になっても社労士としての仕事を行う人もいれば、社員が生活に困らないように事務所を大きくする事に努めたりと、最終的な開業社労士の仕事内容は人によって異なります。

年金関係や労働関係など目的に応じて社労士の得意分野は異なります。目的に応じた渋谷の社労士を見つけることが問題解決の近道です。